お金借りたい時|今すぐ借りられる即日カードローン※13社を厳選《イマカリ》

お金を借りる為の3つの方法

2015年11月26日 06時14分

まずお金を借りる為には返済財源があることが必要不可欠です。
返済財源とは、会社員なら給与、自営業なら利益になります。

お金を借りるときに年収を記入する欄がありますが、会社員なら源泉徴収表、自営業なら申告書で確認できます。

会社員で勤続1年未満で源泉徴収表が出ていない場合、毎月の給与明細より掛ける12で年収を出すことも可能です。しかし、自営業者の場合は毎月の収入が変動することもあり、年収を出すことができないため、申込ができない場合もあります。

返済財源があることが確認できたら、次はお金を貸してくれる機関を探します。
 

銀行・信用金庫・信用組合・消費者金融

消費者金融は融資の審査は甘いように感じますが、金利が銀行などに比べて高かったり、多少イメージとしても悪いものがあるかもしれません。

また、消費者金融は機械だけで申込から審査、借入実行まで全てできてしまい、一度も人と面談する事がありません。
逆に銀行・信用金庫・信用組合では職員と面談して約定書を交わすので、そこで分からない点や注意する点など、
直接人間に聞くことができるのである程度安心です。

お金を借りる用途によっても使う機関は変わってきます。
例えば、自動車や教育資金は銀行・信用金庫・信用組合で借入を行えば、とても低利で借りることができますが、
消費者金融に行くと比較的高い金利で借りることになってしまいます。
 

審査について


融資審査は銀行であれ信用金庫であれ信用組合であれ消費者金融でも必ずあります。
そこで審査に引っかからないためには、遅延を起こさないことです。

例えばカード払いの支払いが滞ったり、携帯電話の引落が滞ったりと、返済に遅延があると審査が通らない場合があります。
数日の日数延滞なら希望がありますが、月を跨いでの延滞は、審査に大きな影響を与えます。

また、一度審査が否決であった場合でも銀行・信用金庫・信用組合では再審査を依頼できる商品があります。申し込んだ商品に再審査ができるものとできないものとありますが、それは金融機関側しか知らないことなので、その点でも銀行・信用金庫・信用組合なら「審査は否決でしたが、再審査をしてみましょう」という話に続く場合があります。

再審査の際にはプラスの内容を提出するのですが、例えば給与振込先であるですとか、預金資産が他にもあるだとか、土地などの資産があるなどです。
もし再審査をしても審査が通らなかったら、他の商品を利用しましょう。
金利は高くなりますが、資金使途自由のフリーローンなどもたいていの金融機関は取り扱っています。
お金を借りる際、金利の低い、資金使途にあった商品を保有している金融機関窓口に問い合わせることが一番だと思います。