お金借りたい時|今すぐ借りられる即日カードローン※13社を厳選《イマカリ》

お金を借りる3つの方法

お金が必要という場面は日常でもよくあることです。その急に必要になった時のために、少しでも貯蓄が出来ていればいいのですが、そうもいきません。急に必要でどこからか借りなくてはいけないということもあるのです。その場合には、どこから借りるべきなのでしょうか。
 

1、消費者金融のカードローンを利用する。

テレビのCMや雑誌の広告などでよく見かけるのが、消費者金融のカードローンです。現在はその利息の利率などが明確にされ、消費者金融に対する抵抗感が一般的に薄れてきた印象があります。

また利用できるATMもどんどん増えて、必要な時にはすぐにでも借りることが出来るようにもなっています。以前よりも利用も簡単になり、審査をするのは店舗でもできますし、ATMでも行うことが出来ます。返済時には利息を支払うことが必要ですが、その利率も明確にされているので、自分でいくら借りたら、いくら返済をするべきかを知ることが容易になりました。また誰にも知られずにお金を借りるということが出来る点で非常に便利です。
 

2、クレジットカードのキャッシュローン枠を使用する

クレジットカードを持っている人ならば、わざわざ消費者金融のカードを新しく作る必要はありません。

クレジットカードのキャッシュローンの枠を利用すればいいのです。もしも消費癖がある人にとってはクレジットカードキャッシュローンは限度額を自分であらかじめ設定していますし、使いすぎるという心配も減るかもしれません。また返済日を忘れがちな人にとってもクレジットカードの決済銀行口座からひかれて返済が行われるので、忘れるということもありません。
 

3、銀行のカードローンを利用する

銀行の預金引き出しをATMで行った時に、画面でカードローンの案内を見たことがあるでしょうか。

現在では銀行でもカードローン出来るようになり、その魅力は、金利が消費者金融に比べて低いということがあげられます。
また銀行のイメージがあるので、安心して利用ができますね。
比較的オススメなのはここ!
オリックス銀行カードローン
 

急なお金が必要な時に便利なカードローン


急な出張でお金を立て替えなくてはならない、ひと月に数回の結婚式が重なった、等々ある程度まとまったお金が必要になるケースはあると思います。

そんな時、普段からの貯蓄があればそれ程困るものではありません。しかしそうでない場合はどこからか工面しなければいけません。
 

お金を借りる身近な方法について

お金を借りるという場合、真っ先に思い浮かぶのが銀行ではないでしょうか。

しかし基本的には銀行でお金を借りる場合には、住宅や自動車など用途が決まっているものに対して融資を受ける事が多いと思います。又、融資を受ける際には厳選な審査も必要で時間も掛かる、そんなイメージがつきものです。

最近ではフリーローンといって使用用途が自由なローンも登場していますが、追加融資が受けられない事や融資までに時間が掛かる為、即日お金が必要なケースでは不向きといえます。

そこで活用したいのがカードローンです。これはフリーローン同様、使用用途は自由となっています。

又、保証人や担保の設定も必要ありません。又、申し込みのタイミングにもよりますが、当日あるいは翌日に融資実行が可能な迅速性の高いサービスでもあるのです。それに一度カードを作っておけば、その後は利用限度額内で何度も借入を行う事が出来ますので、カードローンはいざという時に便利なサービスといえます。
 

カードローンを利用する際の総量規制について


銀行系、信販系、消費者金融系、と各金融機関(いわゆる銀行とノンバンク系)からそれぞれ特徴のあるカードローンが登場しています。

銀行とノンバンク系の大きな違いは、総量規制が適用されるかどうかです。
総量規制は主に個人の借入総額が、年収等の3分の1までに制限されるといったものです。
対象は銀行を除くノンバンク系となります。
 

例えば年収300万円の場合は、すべてのノンバンクからの借入限度額の合計が100万円までになるという事です。


これは高金利により多額の貸し出しを防止する為に設けられたものです。一方、銀行のカードローンはこの規制の対象外となってる為、年収3分の1までという規制は無く、これを超える融資を受ける事が可能になります。ですので高額な借入を行う際には銀行カードローンがおすすめといえます。
 

銀行系それともノンバンク系どちらが良いのか

カードローンを利用する際にどの金融機関を利用するのか悩むとこです。大まかな特徴として、銀行カードローンでは審査は厳しいといわれますが、その分金利は低く設定されているといえます。

又、先にも述べた総量規制の対象外となりますので、ある程度の収入があり、多額の融資を望むのであれば銀行カードローンがおすすめといえます。一方、少額で直ぐにでもお金が必要な場合にはノンバンク系消費者金融がおすすめです。やはり金利は高めになってしまいますが、それでも融資まで速さが特徴ともいえます。銀行カードローンでも即日対応しているケースもある様ですが、審査基準の違いや、営業時間外で融資を受けることが可能な自動契約機の存在など、一歩リードしているといえます。

カードローンを利用する時には、お金を返す時のことも考えて借りないといけません。カードローンは便利な故に無計画にどんどんお金を借りることができてしまい、無謀な借り入れとなってしまうケースがあるからです。最初に返済計画を立てる事で、気軽に利用するという行為を防ぐ事に繋がるからです。